クレジットカード払いの手帖 > 日常生活で > 仙台市立病院で医療費のクレジット決済を開始

仙台市立病院で医療費のクレジット決済を開始

仙台市立病院で医療費のクレジット決済を開始しました。

三菱UFJニコスは仙台市立病院と加盟店契約を結び、医療費や入院費をクレジットカードで支払えるよううになります。3月3日からその取り扱いが開始されます。

仙台市立病院では、患者さんへのサービス向上と同病院での収納業務の効率化を目的にカード決済の導入を決め、今般、同分野で豊富な実績のある三菱UFJニコスとの提携に至ったものです。

なお、県内自治体病院のカード決済導入は初となります。

これにより、急な病気やケガにより突然の出費が発生した場合や長期入院となった際に、患者さんや家族は事前に現金を用意することなく、カードで支払えるようになります。

さらに、カードのポイントサービスに医療費の支払い分を活かすことが可能となります。

利用できるカードはDCカード、UFJカード、NICOSカードのほか、VISA、MasterCardブランドのすべてのカードで、支払い方法は1回払い、分割払い(3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回)、リボルビング払いとなります。

サイト内検索